わたしは病人

道あるいてるだけで「バイクに乗ってけ!」

としつこく声かけられたりして

到着当日こそは戦々恐々としていたけど…

今は完全こっちの空気に馴染んで来ている。

英語すら通じない場面があったり

言葉に困ることはわりとあるんだけど

それでも、そこまでは不自由していない。

常に感じるのはこっちの人達のエネルギー

なんていうか街自体に活気がある。

日本のように栄えてるわけでもないけど

確実に日本よりは活気を感じられるし

こっちまで自然と元気になってくる。

もしかしたらしばらく日本へは戻らないかも

資金も時間もまだまだある。

あとは体との相談になるけど…。

今はまだこうして元気に動けてはいるけど

言ってもわたしは病人なのである。

その現実は忘れてはならない。

とりあえずこれからの計画としては

陸路でお隣の国へ突入していったりと

可能な限り渡り歩いてみるつもり。

初めて目にするものが多いこの環境は

まさに感動の連続だし新鮮である。

でも、慣れてきたくらいの時が一番危険

事故やトラブルには注意しとかなきゃ。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする