病気であることを悔やむ

良くも悪くも

自分には人を引き寄せる何かがあるのかも。

まさか縁もゆかりもないこのような土地で

あんな凄い人達と知り合うことになるとは

我ながらアッパレとしか言いようがない。

昨日の集いに参加するきかっけにもなった人

ここでは『てっちゃん(仮名)』としとくけど

こっちで成功してる人は他にも沢山いるし

それだけなら特別すごいとは言えないけど

てっちゃんは何かが違う…なんていうか

何か大きな利権を握ってる様子がある。

ちなみに50代後半の陽気なおじさん。

公安にもやたらと顔がきくらしいから

こっちで挑戦したい人の手助けをしたりで

てっちゃんを頼ってくる人も多いらしい。

こっちでは何かやるにしても

公安の許可や認可が必須だそう。

“公安”って聞くと日本的な感覚では

単に警察組織の一部って感じがするけど

そこもちょっと日本とは違うみたい。

社会主義国家だから政府直下にある公安は

ものすごい権力を持ってるらしい。

何にしてもてっちゃんか更に人脈が広がり

強いコネクションを持てた気がする。

病気であることだけが悔やまれる…。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. きらりん より:

    いや、大丈夫ですよ。
    病気、治りましたって記事、書けますよ!