〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★初めての方はこちらからどうぞ
⇒⇒⇒はじめから
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

遂にこれから

今夜はこのあと彼とじっくり
わたし達のことについて話合う予定。

コメントにも頂いてるように
生まれて来る子供のことを考えれば

彼との籍を築いて迎えるべきだとおもう。

わたし自身も両親がいないかったから
いろいろ大変なこともあったけど

通りすがりさんのおっしゃる
要らぬ苦労とは具体的に何でしょう?

話し合いがどう転ぶかわからないけど
余力があれば夜中にでも更新しようかな。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 桜木町 より:

    申し訳ないけれど、子供が生まれてくるのに、要らぬ苦労がどうでしょう。

    聞きますか?

    今、貴方のお腹に、命が宿っているのですよ。
    外に出す。ということは、その子を、成人するまで育てる。という責任が与えられるということです。

    本当に、産んで育てる覚悟は、おありなのでしょうか。

    失礼かも知れませんが、ここ最近のお書き込みを拝見しても、それを私は感じません。

    籍を入れたくないのは、姑さんが一番の理由ですよね。
    自由でいたい。と言いながら、普通の人並みの幸せを、心の奥底では、求めていらっしゃる。

    これから生まれてくるであろうお子さんの事を、考えたら。
    今の状態では、貴方ではなく。お子さんのその後の人生に、かかってくる問題ではないでしょうか。

    そこまで、一人の親として。責任が持てるのですか?
    子を持つ。ということは、それだけ重い。ということです。

  2. はな より:

    Takacoさんが、育った背景は、お子さんには関係ないですよね。

    無事に生まれてからの子育てには、姑さんに、助けて貰う。のが一番、理想でしょう。

    知らない。なら、教えて貰えば良い。

    ご自身の背景は、封印すべき。
    解らないから、知らないから、Takacoさんは、模索して来たのでしょうが、結局。

    一人で、生きる。
    事を選択せずに、最終的には、結局。
    パートナーのいる日常を選択してらっしゃる。

    お子さんには、Takacoさんの半生は関係ない。
    これから生まれてくるであろう、お子さんの事を、お考えになることを、第一に。

    ・・でないと、お子さんが、可哀相だと思います。