〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★初めての方はこちらからどうぞ
⇒⇒⇒はじめから
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

人にどうこう言われることじゃない

また誤解を産んでしまってるようなので、ここでひとまず訂正。わたしが抱えてる病においては医療は不要と判断してるから“医療を拒否”ってだけで、医療のすべてを否定してるわけではない。救命処置等の救急医療はすごいとおもうし、医療がないと生きてけない人がいるのも事実。

わたしが否定したいのは、いわゆる主に対症療法であって医療のすべてではない。これはわたしの表現の仕方が悪かったとおもう。自分自身、これまでに幾度となく医療の恩恵は受けてきてるし、医療は必要だとおもう。でも、不要なこともいっぱいしてるな~ってこと。

とりあえず、こういう話題は過敏に反応する人も多いとおもうからこれ以上は触れない。んでもって本題の続きになるけど、わたしは子供を授かる以上は当然長生きしようとおもってるし、それを実現する自信もある。

ただ、病気に限らず事件や事故で人がいつ死ぬかなんてわからない。家族や親戚も存在しない天涯孤独のわたしが、人生を共にする伴侶もなく子供を産めば、その子を天涯孤独にしてしまう可能性はある。ただ、どれだけ条件がそろってても何かしらのリスクはある。

親は子供のために最大限の努力をすればいいだけで、それは人に言われなくたってやろうとおもってる。ただ、わたし自身の生き方だってあるんだから、それは人にどうこう言われることじゃないとおもうのね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に下記いずれかの『イイネ!』をお願いします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 家族ブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする