〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★初めての方はこちらからどうぞ
⇒⇒⇒はじめから
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

汚い言葉

彼の言葉が汚くなるのは、わたしに“どうしても伝えたい”という熱力が高いがゆえだと感じている。言ってることも筋は通ってるし矛盾はしていない。

だから暴言を許容できるかというと、実のところそうではない。実際に手を出されてなくても、言葉はじゅうぶん暴力になる。でも彼が全て悪いわけじゃない。

わたしにも暴言を引き出してしまう要素があることは自覚している。きっかけを作る方が悪いのか、果たすほうが悪いのか、そんなことに答えはでない。

因果を思考して歩み寄る努力は必要、そんなことは互いに理解してるけど、非難しあってしまう場面が残念ながらある。基本、非難したところで何も変わらない。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に下記いずれかの『イイネ!』をお願いします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 家族ブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. あや より:

    takacoさん、もっとご自分を大切になさってください。ご自分でご自分の価値を貶めないでください。takacoさんご自身がよくわかっていらっしゃる通り、暴言は立派な暴力です。今のパートナーさんの仰ることにいくら筋が通っていようと、どれほど他の点で魅力的な人であろうと、女性に暴力的なことを言ったりしたりする時点で、その人は男としては最低ランクの人間なのです。takacoさんがお相手に好意を抱いているうちはわたくしの言葉など届かないでしょうが、世の中には決して女性を傷つけないことを当たり前としている男性がいくらでもいますし、takacoさんの心のもちようさえ健康になれば、いくらでもそうした男性と心休まる穏やかな関係を築いて、癒される日々を送れる筈です。どうか途切れずに男性とつきあうのではなく、きっちりとお相手を見極めながら時間をかけて世間の「まっとうな」男性とお幸せな関係を築いていかれるよう心よりお祈りしています。正直に申し上げて、今回のお相手も、これまでのわずかな情報だけで、前のご結婚相手2人に負けず劣らず十分おかしいですよ。もうご自分が傷つけられるのを当たり前のように受け止めることからは卒業なさってください。痛々しくて哀れで心配で見ていられません。

  2. 通りすがり より:

    やっぱ本音で書く

    ねぇ!たかこさん!!どんだけ男運ないのー!!
    そんな男、というかたかこさんの歴代の相手みたいな人、人生で一人も出会ったことないわ
    私なら「お前」って言われた時点で出ていくよ
    暴言なんて言語道断
    私を見下す男に話し合う価値も感じないから
    そいつの言ってる事が正論かどうかなんてどうでもいい

    それに彼
    何かを呪いのごとく盲信してしまうって
    物事を俯瞰して多面的長期的に考えることができないってことだからね
    衝動性も高くて感情の制御もできないようだし
    彼といても穏やかな幸せは得られないよ

    というか、すでにたかこさんの思考がDV被害者そのものなんだけど
    ここまでの文を読んで「彼の良さは私にはわかる」と言いたくなるのがその証になるんじゃないの?

    自分を大切にしなよ本当に

  3. 通りすがり より:

    ストレスかかってそうですね
    大丈夫ですか?
    ストレスは健康の何よりの敵ですからね、本当に

    距離が変われば関係も変わってきます
    百ゼロ思考同士だとすると
    今の距離感がすこし近すぎなのかもしれませんね

    たかこさんには、のんびりとあたたかい日々を過ごしてほしいと思ってます

    いい方向に進みますように

  4. 通りすがりの愛読者 より:

    どうしても伝えたくて暴言になるというのが、全く理解できません。話の内容に筋が通っていたとしても、やり方には全く筋が通っていないのではありませんか。
    男性だから暴言になっても仕方ないということはありません。
    どうしても伝えたいことがあるなら、時間をかけてでもいいから何度でも言葉を重ねていくものではないですか。それが愛ではないですか。暴言で無理やり、短時間に自分の意見を押し込もうとするのは愛でしょうか。それでも筋が通っていると言うのでしょうか。
    takacoさんを愛しているならば、理解してもらうために、ゆっくりと時間をかけるという方法を取ることができるはずです。
    takacoさん、その方とうまくやるために無理をしていませんか。歩み寄りについて考えるのは、もっともっと、何年もかけて関係が深くなってからの話だと思います。関係のまだまだ入口で、歩み寄りについて考えなければならず、ましてや非難し合っているようでは、おそらくその人とは合っていないのだと思います。
    たとえtakacoさんが喧嘩をふっかけたとしても、その方がtakacoさんを愛しているのなら、暴言は吐かないと思います。少なくとも私は、どんなにふっかけられたとしても、愛する相手に暴言は吐きません。
    takacoさんは悪くないです。相手の人が暴言を吐かれるのは、takacoさんのせいではないです。そういうお方なのだと思います。そして、それが暴言だと感じ、気になるのなら、そのお方とは合わないのだと思います。合わないのなら、仕方がないです。どうかご無理をなさらずに。
    心は変えようにも変えられません。心が無理をしているのなら、合わないということだと思います。理屈で心の声をねじ伏せてはなりませんよ。どうかあなたと似た、優しい人と出会うことができますように。