〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★初めての方はこちらからどうぞ
⇒⇒⇒はじめから
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ひとを傷つける言葉

言葉って難しい。

まったくそんなつもりはなくても

言葉でひとを傷つけてしまうときがある。

どんな言葉がひとを傷つけるかわからない。

言葉って難しいよね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に下記いずれかの『イイネ!』をお願いします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 家族ブログへ

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. より:

    誰かの言葉で傷ついた時、自分はその言葉、否定したいと思う。
    「それは違う」
    「あなたこそ、間違っている」でもそれを言ってしまうと売り言葉に買い言葉となり、ケンカになる
    大切なのは、相手を非難することではない。
    自分がどう感じているかを相手に伝えること。
    あなたこそ、間違っているではなく、「私はあなたの言葉で、こんなふうに傷ついてしまう人間です」と。勇気も体力もいる言葉、でも、まっすぐな言葉には話し手の魂が宿る。言葉以上のものを相手に伝える・・・。例え、その時に伝わらなくともいつか相手の心の中にその言葉は浮きある。

    相手の気持ちを汲んであげると
    自ずと傷つけない言葉が出てくると思います。