死去

姑の代名詞ともいえる赤木春恵さんが29日に死去したというニュースを見て、そういえば“あの姑”は今頃どうしてるのかとふと気になった。もし、一番目の夫との離婚に踏み切れずダラダラと一緒に歩んでいたら、きっとその介護をさせられていたのはわたしだろうと思うとゾッとする。

認知症も進んでるだろうし大変なことになってそうだけど、どこかの施設にでも入れられているのだろうか。とてもあの男が世話をしてるとは想像できない。まだ、3人で一緒に暮らしていた時のマンションに住んでいるのか、怖いもの見たさで行ってみたい気もする。まぁ行くわけがないけど。

今思い返してみても、やっぱりあの姑はそうとうぶっ飛んでいたな~とおもう。このブログを立ち上げるきっかけになった姑だし、散々書き綴ってきた対象なだけに愛着はないけど、ノスタルジックというのか感慨深いというのか適切に表現できない感情が沸いてくる。見てない人は最初から見て。

今どうなってるかは皆目見当もつかないけど、元気でいてくれたらいいなとはおもう。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする