自滅

わたしは一体なにをやってるんだろう

そう感じることがある。

人の世話を焼くことに時間や労力を割くのは

『自分のことはどうせうまくいかない』

そんな考えから来てるのかもしれない。

けど、自分のことをあきらめてる人間に

人のことをどうこうできるわけもない。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 家事代行業の嫁 より:

    なんで人に依存するのかなあ?
    チヤホヤされるとすぐ尻尾振ってついてくよね。
    でも野良犬気質だから噛み付いて狂犬病撒き散らしちゃうよね。
    両親いなくて寂しいのはわかるけどそんな人沢山いるよ。ちなみに私も両親いないよ。
    あのさ、あんま流動的な例えばお金ものや人や宗教に幸せを求めちゃ駄目よ。
    ほぼ期待はずれだから。
    お金は自己実現するための手段だからいくらあっても足りないくらいだけど、
    あくまで手段だから。
    takakoさんお金有り余ってるみたいだから、
    今までやりたかったけど、時間とお金がなくてやれなかった事をやってみたら?
    ちなみに私はある国家資格所得のため学校行きなおして勉強中よ。
    時々こうやって暇つぶしするけど。(笑)
    私がtakakoさんだったら、まず医者行くなぁ。(笑)
    健康な体を取り戻してから、話はそれからだね。

  2. あや より:

    takacoさんはご自分でお金を十分に持っていらして、仕事でも高い評価を受けてきたとおっしゃるわりに、内心では自己評価が低いのだろうと思います。だから、いつまでも他者からの評価を求めて実生活では過剰に他人に適応しようとしてしまうし、頼られたりおだてられれば、簡単にそれにのってしまい、結果、いいように利用されてしまう。幸せって人から褒められることではなく、自分で自分に満足できて初めて得られるものですよ。生きていくのに必要なお金を稼ぐ必要がないのなら、孤独に強く、他人の評価に左右されない本物の自信に裏打ちされた魅力的な女性になれるように、何かに打ち込まれるといいですよ。自分を大きくみせようとするのではなく、黙っていても「この人は裕福で頭もよくて仕事もできるのだろう」と人が感じ取って敬意を払ってくれるような、しっかりと地に足のついた中身の濃い女性にこれからなれるよう期待しています。大丈夫、ほんのちょっと意識を変えるだけで、ゴールはそれほど遠くないですよ。