『すぐに子供を堕ろせ』

わたしがまちこのためにお金を用意した背景をここで少し触れておこうとおもう。先日のまちこからのあの連絡のあとにやりとりが続き、こうした流れになっている。

まず、予想していたとおり、まちこは旦那と一緒にいることがわかった。ただ、どこにいるとか居場所を教えてはくれなかった。わたしの予想では、わりかし遠方にいる気がする。

2人がどういう理由でこのような形で消えたのか、今どんな環境で一緒にいるのかも一切教えてはもらえなかったけど、とにかく金銭的に困窮してる状況であることは間違いない。

まちこは、旦那からある程度まとまったお金を工面できなければ、『すぐに子供を堕ろせ』と言われたらしい。旦那が今仕事してるのかも謎だし、いずれにしても最低な男だ。

まちこも一体なぜそんな男と一緒に居ようとしてるのか、わたしにはまったく理解ができない。でも、この理解に苦しむ状況は、お腹にいる子供が主体となってる気がする。

まちこは子供を産みたい、そして産むなら例えクズみたいに最低な父親でも、いないよりはいた方が良い。そんな風に考えてのことなんじゃないかと感じている。

まちことは明日待ち合わせをした。渡すのに直接会う訳だから可能な限りのことを聞き出して、とにかく説得するつもりでいる。恐らく、まちこを引き戻す最後のチャンスになると思う。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. あや より:

    まちこさんはtakacoさんが願っているような「離婚して、ひとりで子どもを産んで、takacoさんの支援のもと自立し、その後はシングルマザーとして子どもを育てる」生活は望んでいないのだと思います。元も子もない言い方をすれば、「子どもは欲しい。でも、働いて苦労したくはない」。だから、ご主人から離れられないし、takacoさんにも平気でお金の無心をする。takacoさん、まちこさんはあなたのような自立心旺盛な女性ではありません。万が一説得がうまくいき、ご主人と離婚をしても、まちこさんは経済的自立などせず、takacoさんにおんぶにだっこのまま出産し、子育てをしようとしますよ。それも全部覚悟できているのであれば、もうtakacoさんの決断を見守るしかありませんが、子ども好きのtakacoさんにとって堕胎は見過ごせないことではあっても、まちこさんのような自分の人生に責任を持てない女性のもとに産まれてきてしまう子どもも可哀そうです。どうか「子ども」「妊娠」というファクターに目を曇らせずに、これ以上まちこさんの人生に巻き込まれないでご自分の生活を取り戻すことを冷静に決断してくださればと願います。今度はtakacoさんこそが幸せになる番です。

  2. 家事代行業の嫁 より:

    その金って働かない他人の旦那が遊ぶ金ですよ。
    ぶっちゃけ言うと、
    takakoさんは他人の旦那のヒモですね。
    オレオレ詐欺でひっかかる高齢者を見てて
    こんな簡単な戯言に馬鹿丸出しでひっかかるものなの?と思っていましたが
    30代独身女性には捻った弱点をつく方法で巻き上げられてるんだなぁ。
    どうでもいいけど、どんなに貢いでもtakakoさん子育てに参加させてもらえないし
    子供ももらえないよ?まず権利もないペットじゃないんだから。
    子供の命を大事にしたいんだったら、
    発展途上国のチャイルドスポンサーシップの方がはるかに意味があるよ。
    ベトナムとか行って色々見てきたんでしょ?

  3. とおりすがりの愛読者 より:

    大丈夫でしょうか。
    こちらが納得するような説明もなしにお金の話をしているなら、とってもおかしいです。信頼関係なさすぎで、家族や親友が相手ならありえない話です。
    私なら、自分が説得しに行くのではなく、相手に納得するまで説明してもらうために会いに行きます。
    相手が大切だからこそ、信頼しているからこそ、納得するまでこちらを説得してほしいと私なら思います。
    だからやっぱりおかしいです。信頼している相手に、十分なくらいの説明がもらえず、むしろこちらから説明を請わなきゃならず、その上に説得しに行かなきゃ行けないなんて。
    そんなの私なら悲しいです。
    takacoさんがお金を払ってでも得たいのは、信頼関係でしょうか。家族でしょうか。
    ただただ、まちこさんと夫さんはひどいです。

  4. みけ より:

    もう皆さんのおっしゃる通り。

    まちこの妊娠出産子育てをtakakoさんの過去の悲しみとつなげてしまうのだけは完全に誤りです。

    産んでほしいと、なんで言えるんでしょうか。

    takakoさんにその子を育てる権利がない以上、説得しようとすることの方が無責任とも言えます。

    中絶について大変強い考えを持ってらっしゃるようですが、takakoさんご自身の倫理観は、このような夫婦とも言えないような二人に対しても一律に適用してよいものでしょうか?

    金持ってこないならおろせと言う男、そして、そこで奮起するでもなく自立する気もなく、不義理してるにも関わらずただ助けてしか言えない女。
    この人、一番シングルマザーになってはいけないタイプでしょう。
    takakoさんがたとえかかわっていっても、しょっちゅう子供を連れて失踪して死ぬほど心配をかけ、子供に迷惑かけるのは火を見るより明らかです。

    母親になったからといって母性や責任感なんて自然には芽生えませんよ。
    どちらかというとそれまでの人生の過ごし方のダメな方が顕在化することの方が多いものです。

    その二人に子供を産めと説得する方が、私から見ると無責任に思えてなりません。

    ほんとにtakakoさんにその子の面倒を見る権利がない以上。

    たとえ子供を殺しても母親が強く免罪されるこの国をなめちゃいけない。

    生まれてくる子はまちこと夫の、それぞれ違う意味で道具にされるんです。