もうやめる。

その後、まちこからの連絡は一切ないまま時間が経過していってる。ここまで来ると、もう連絡はしてこなそうだね。なんだか、これ以上まちこの身を案じたり気にしても仕方がない気がしてきた。

恩を仇で返されたとかはおもってないけど、もうこれ以上わたしがまちこのために何かできることはない。探偵でも雇って捜索してもうって手段もあるけど、そもそも探してほしくないだろうしね。

友達というか妹というか、わたしにとってまちこはそんな感覚の存在。救済を求められるなら可能な範囲で協力しようとしてたけど、今となっては一方的にわたしが気にかけてるだけの感じがする。

果たして、こんな駆け落ちみたいな形で、旦那と今一緒に居るのかは定かじゃないけど、そうだとしたら幸せになれることを願うくらいしかできない。でも、もうまちこのことを考えるのは止める。

さて、この環境をどうするかを考えていかなければ。まちこが自立していける環境を構築するため、わたし名義で今の部屋を借りたけど、こうなってしまったら正直この場所も意味がない。

まぁわたしがこのまま住めばいいんだけど、個人的にはここに住みたいとは別に思ってなかったしな…。とりあえずコメントでもいただいたように、自分に優しくじゃないけど、自分のことをもっと考えていこう。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. みけ より:

    はじめまして。
    takakoさんの関わり方、尊敬します。
    私もちょっと似たようなところがあり、頼られると助けちゃって一肌もふた肌も脱いじゃって。挙句なかば裏切られるようなことをしても、本人が一番辛いだろうななんて考えて。

    でもこうしてtakakoさんのブログを読んでると客観的になれるので「いやいやいや、自分のこと大事にしようよ」って気づくことができた感じです。

    私が今一番心配なのは、まちこが結局は旦那にまた殴られたとかして大きいお腹で戻ってくるってことです。その可能性はとても高い思い。そしてそうなったらまたtakakoさんは面倒みちゃうと思う。

    でもこの人、面倒みちゃいけないタイプの印象。
    助けちゃうとかえって成長を阻害する気がします。

    記事にも書いてらっしゃいますが、どなたかのコメントが本当に的確だと思います。

    身体のこともあるし、誰かや誰かの子供の世話や面倒はひとまずおいといて、ご自身のウェルビーイングを最優先していただきたいなって思います。

    そのためにも今のお住まいから早急に引っ越して、まちことはスッキリ離れるのが先決かと思います。

  2. あや より:

    実家が資産家だとかいう俗っぽい意味ではなく、takacoさんは育ちの本当によい方だと思います。正直で嘘をつかず、もちろん盗みなどせず、人をねたんだり利用したりせずにご自分だけの力で人生を切り開いてきた人だけがもつ育ちの良さです。さらに美人で頭の回転もはやく、経済的にも自立しているとなれば、takacoさんを自分の都合のいいように利用しようとする人はいくらでも寄ってくるでしょう。takacoさんがブログで発表してこられた波乱万丈な人生は、その育ちのよさからくる他人を疑わないまっすぐな性格を利用しようとする人たちに巻き込まれてきたがゆえのものだったように思うのです。まちこさんがtakacoさんのお金に勝手に手をつけたとき、わたしはその行動にまちこさんの自立心のなさを感じ、「またtakacoさんが利用されて傷ついてしまうのではないか」と心配しました。だから、いまも純粋にまちこさんの身を案じているtakacoさんには申し訳ないのですが、まちこさんが出ていってくれて、正直ほっとしています。takacoさんが、その育ちのよさはそのままに、今度こそご自分を一番に大切になさって、これ以上傷つくことなく生きていってくださることを心から願います。