災難な人生

症状は一向に収まらない…なんだコレ。。

頭と指くらいならどうにか動かせるから…

とりあえず書く。

本来なら6月の最終週で日本出国の予定で

スケジュールを進めて来ていた。

ここ数日は過去のことばかり書いててため

海外行きのことは特に触れてなかったけど

準備は整って来てるし特に問題もなし

ただ、ここに来て意味不明の体調悪化。

このように直前で災難に見舞われるのは

わたしの『人生あるある』でもある。




何かすると物事は順調に進んで行くけど

途中でおじゃんになってしまうというのが

わたしの人生には数えきれないほどある。

そう、本当は思い出したくもない

あの流産だってその一環だった。

当時は本当にショックだった…

暗闇の底に落とされたような心境で

生きている事も、呼吸する事も、食べる事も

すべてが嫌になっていた時期。

だからあえて思い起こしてみようかな

あの悲惨な事故のことを。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 家事代行業の嫁 より:

    余計なお世話かもしれないけれど、
    言霊、文字霊というのが言葉があるように文章にも魂が宿ってると思いますよ。
    悪戯に過去の苦い思い出の綴り遊びを繰り返してると良くない方向へひきづられますよ。
    今やるべき事、出来る事をやっていた方が精神衛生上いいんじゃないかしら?