姑へのストレスが限界に達したわたし

姑の突然の訪来には驚いたけど実はその当時

姑の消息が不明になっていた時期でもあって

驚きよりも安心のほうが大きかった。

姑は自分のマンションを売却した直後に

行方がわからなくなり夫も困惑していた。

その間何をしていたのかは今でも謎のまま

というか今となってはどうでも良い話だ。

それから姑は我が家に当然の如く居座り始め

まるで自分の家にいるかのような振る舞いで

次第に横柄な態度を見せ始めるように。




料理も洗濯も掃除も家事は一切やらずに

ただ毎日リビングでゴロゴロしてる姑。

その内、未来の子供に用意してた部屋も

勝手に占拠しはじめて私物も増やしていき

家の中で好き勝手にやるようになっていく。

わたしはそれでもひらすら我慢をしていた

何故ならわたしにとっては姑も家族だから。

ちゃんと家族というものを持てたわたしには

夫の母親も列記とした『家族』であって

家族を知らず人生を歩んできたわたしには

それを大切にしなきゃって意識があった。




義理の母親だから出来れば上手くやりたい

そんな気持ちでずっと堪えて我慢をしてた

家族なんだからうまくやって行けると。

でも日を増すごとに横柄になってく姑に対し

わたしはストレスを抱え限界を感じ始めた。

姑の振舞を知って何も言おうとしない夫にも

わたしはひどく憤りを感じ苛立っていた。

その捌け口としてこのブログを始めたのが

丁度このくらいの時期の事だった。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする