全てを失ったわけではない

巡礼三日目:一カ所目

東京都都心:フリーランス時代の自宅兼事務所

会社組織で積み上げ築いた地位は失ったけど
経験や実績といったキャリアは確かなもの。

だから、1人でやっていこうと決意した。

辞職した時には同業からスカウトもあった
でも組織で働くのはもう嫌だからと断った。

会社の人脈も全て失ったわけではなかったし
少なくともわたしの理解者は一定数存在した

皆が皆わたしとぶつかってたわけじゃないし
社内には同じ意識を共有してた仲間もいた。

例えば、後にお世話になる会社の重役や
『師匠』はその時に築いた繋がりである。

以前に、ここに書いたことのある人達だ。

これとか→2015年7月記事

これとか→2017年2月の記事




その他にもわたしが独立してやっていくのを
後押しして協力してくれた人たちもいた。

フリーランスとしてやってくのは難しい
大体が失敗して組織に戻る事になったりする

だからわたしも最初はきばっていた。

フリーランスは広告なんて打てないから
打っても良いけどまず意味ないでしょう…

無尽蔵に仕事が舞い込んでくるわけじゃない

フリーランスでの仕事の取り方や増やし方
需要の広げ方は人の紹介か口コミ以外になく

まずは仕事を取れるかどうかが大切だけど
その仕事が評価されなければ後に繋がらない

でもわたしにとって然程問題じゃなかった。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする