盗まれた貯金

巡礼二日目二カ所目

東京都都心:パチンコ店

高校の時からデザイン関係の仕事がしたい
そう思ってたから卒業して専門に通うため

カラオケ屋とかコンビニとかでバイトして
学費を稼ぐために頑張って貯金していた。

でもある時に口座を確認して頭が真っ白
あるはずの貯金が全て無くなっていた

高校卒業の数カ月前の冬の出来事だった。

ATMの防犯カメラで犯人が発覚したけど
犯人はよく来てたお兄ちゃんの知人だった。

その知人が犯人だと発覚する直前に
傷害の現行犯で捕まり刑務所に入ってて

結局、わたしのお金は戻ってこなかった。

だから、卒業したらとりあえず働いて
学校に行くためお金をひたすら貯める事に。

わたしが選んだのは住み込みの仕事で
寮を完備しているパチンコ店だった。




普通は早番と遅番でわかれてる仕事だけど
朝から深夜までの「通し」で働いた。

来年には必ず専門に行くんだって気持で
大変だったけどとにかく頑張りまくった。

その甲斐もあって評価はしてもらえたけど
閉店後に税●対策の出玉調整とかやらされ

変に評価され信頼されるのもどうかと思った
でもそんな店だから労働基準法は完全無視で

通しでも働かせてくれてたんだと思う。

そこで過ごした約1年間のほとんどは
働いてばかりだったから特に思い出もない。

変なお客さんとのトラブルがあったり
上司や同僚どのいざこざとかもあったけど

やりたいことを実現するためにも
とにかく馬車馬のように働いていた。

若いうちにそんな経験をしたことは
後にいろんな面でプラスになったと思う。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする