不良たちに囲まれた生活

巡礼二日目一カ所目

東京都某市:アパート跡地

お父様の自殺でまた環境が大きく変わり
わたしは多摩川にほど近い都内某市へ。

多分無くなってるだろうと思って来たら
やっぱり住んでたアパートは無くなってて

新しいマンションに建て替わっていた。

色々とややこしいことがあったけど
結果として入院したまま病死したお母様の

弟の元へ引き取られることになった。

引き取られたといっても実際には
そのおじさんは家にはほんとんどおらず

何かお世話をしてもらったわけでもない。

実際に会った事も数回程度しかない
船に乗ってるって事以外は一切不明な人。

そこそこ裕福な家だったお母様の家と違い
アパートはボロいし狭くて窮屈だった。

そんな環境で3つ離れたおじさんの息子と
わたしは中学高校と過ごすことになった。

おおよそ6年間その環境で暮らしてたから
当時の影響が今のわたしにも色濃く残ってる

思春期というか青春時代と言うか
人生の重要な時期を過ごした場所だった。




そのお兄ちゃんは非行少年ではあったけど
わたしにすごく良くしてくれた。

お兄ちゃんは昼はバイトして夜は暴走族
学校なんて勿論いってなかったけど

食べるお金はお兄ちゃんが工面していて
わたしは料理したりで家事を覚えた。

おじさんは船に乗ったらしばらく帰らず
帰って来てもまたすぐ出て言ってたから

ほとんど家にはいなかった。

アパートはお兄ちゃんの悪い友達たちの
溜まり場でもあったから騒がしかった。

わたしの過去がそんな環境だったとわかれば
この時の件を今なら読み取ってもらえるかも

過去の記事

わたしは中学高校をそんな環境で過ごし
高校を卒業してすぐ住み込みで働いた。

お兄ちゃんはその筋の人になったこともあり
やがて疎遠になっていってその数年後

その筋のいざこざで亡き人となった。

それを知ったのはしばらくしてからで
葬儀にも行けなかったのは残念だった。

話を戻して、わたしの住み込み時代の場所へ

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. みかん より:

    takacoさん。

    何で、今。生い立ちを公開?

    もう何年も、ここで書いていらっしゃるのに、今。わざわざ明かすことではないと思います。
    私も、貴方の個人攻撃に遭うんでしょうか。

    海外に居を移すことも、生い立ちを公開することも、タカコさんにとって。
    有益ではないと思います。

    何度も、申し上げています。

    自分一人のお力で、生きる。力を貴方は持っていらっしゃる。
    それは、養護施設で育ったから?
    なのかも知れませんが、貴方の生き方に、仕事に、結婚に。
    直接的には、関係はないと私は思います。

    過去を振り返る時間があるならば、早く次のお仕事を見つけて、住まいを落ち着かせ生活の基盤を、作る。
    力に変えては?

    と純粋に思います。

    不幸の元に、私は生まれました。と、聞いて欲しいのですか?
    ニュースにもなっている結愛ちゃんの、(おそらく書かされた)あの反省文。

    私も親なので、親の視点で見ると、あれは酷いものです。

    タカコさんは、生きている。

    もっと、生きる。ということを真剣に考えてみて下さい。

    海外に、逃げるのではなく。ここ日本で、ご自分の心と、一度。きちんと向き合うことです。
    タカコさんに、これから先。必要に、必ずなる事ですよ。

    お気に触ったならば、消して下っても構いません。

  2. 通りすがり より:

    海外に「逃げる」とみかんさんが判断できると思われている事が、私には不思議です
    私にはたかこさんが「生きる」ために海外に行く事を決めたんだと感じましたよ

    それにもし逃げるんだとしても、それがダメなことだとは思わない
    時には必要な事だと思いますよ
    頑張った先に幸せがあるとは限らないのと同じで、逃げた方が幸せがあるかもしれない
    誰にもわからないことなのに本人ではなく他の人が断言してしまうのはあまりにも見えてないように感じます

    一番大事なのはその人が納得して決める事だと思います
    (あからさまに洗脳されてる時は除く)
    他の人は口は出せても責任取れませんからね

    生い立ちの振り返りもたかこさんなりの納得の方法かもしれない
    不幸自慢だと捉えてしまう人は、自他の区別の曖昧さを感じます

    でも、海外は心配ですよねーー
    突飛な行動力が危険に繋がらないといいけど
    親心ならぬ読者心ですかね

  3. 家事代行業の嫁 より:

    海外も良いけど人種差別あります。
    東南アジアだとしても日本人女性をターゲットにした詐欺はあります。
    まあ日本にいても海外にいても同じだけストレスありますよ。

    どこに行くのかわかりませんが、
    どうせ行くなら学校て学んできたほうがいいと思いますよ。
    ちなみに語学留学の事ではないですよ。
    それ以外の自分にとって興味のある何かです。
    気をつけて行って来て下さい。出来れば現地で前向きなブログ更新して下さいね。