夫のところへ向かう

ようやく少し平静を取り戻しつつある…
最近の自分は明らかに変だと自覚もある

でも、そう自覚できるのは今は冷静だからで
またすぐパニック状態に陥るかもしれない。

世の中には恐ろしい考えを持つ人間たちや
恐ろしい力が存在してることは分った。

今のうちに出来る限り行動を起こそうと思う
自身の状況や環境を立て直す、否

整理する行動を。

まずは、夫の実家に行き夫と話して来る。

ここから先は何があるかはわからないから
頻繁に記録としてここに残していくつもり。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 通りすがり より:

    もうこれ以上たった一人で戦わないでください

    こんな精神状態で対峙しても相手にボロを出すだけです

    もし万が一パニックなど起こしてしまったら、ここぞとばかりに「回復の見込みのない強度の精神疾患」ということにされてしまいますよ

    ご主人弁護士なんですよね
    相手は法律と話のプロです

    当然ご主人の行動がモラハラや悪意の遺棄という離婚事由にあたるとご主人自身でも十分理解していることでしょう。

    その上で、重箱のすみを突く様にたかこさんへの責任のすり替えを行うかもしれません。

    もしくは、号泣などで良心への呵責を感じさせ問題自体のすり替えをするのかな

    たかこさんとプロを味方につけてください
    お金を払って雇うんです

    忘れないでください

    この結婚の破綻の責任は、明確に、ご主人とその親族にあります

    だからこそご主人はたかこさんに弁護士を立てられたら困ると思いますよ
    自己弁護しようとしてもが破綻しまくってしまいますからね

    たかこさんは自分にも至らなかったところがあったとお考えかもしれませんが、それは重要な問題にはなりません

    破綻の責任はたかこさんにはありません

    ご主人とその親族です

    それを絶対に忘れないでください

    今、動けるときに弁護士を雇ってください
    たかこさんの代わりに戦ってくれます

    その過程で嫌でも整理できますよ

  2. 通りすがり より:

    ボロを出すと書きましたが、ボロを出すくらいならまだいいです

    私が心配なのはたかこさんの心です

    これ以上、たかこさんを傷つけられたくない

    私は文章でしかたかこさんを知りません
    寄り添って肩を抱くこともできません
    黙ってそばにいることもできません

    できるなら温かいご飯と、一時でも安心して眠れる場所を、信頼できる場所を、作れたらいいのにって思っています

    でも、できません
    ここからこれを書くくらいしか私にはできないんです

    私には子宮と乳房と甲状腺に腫瘍があります

    いつも死の恐怖と戦っています
    その不安を振り切る解決方法はありません
    できる治療を受け、あとは現状を入れて諦めるくらいでしょうか

    でもたかこさんはまだだいじょうぶ
    まだ解決はできる

    貴子さんの今抱えてる問題は10年後には解決できているはずです

    渦中にいると見えにくくなりますが、
    今のたかこさんの最悪の状況は、元夫との事のように「過去の出来事」にできるんです

    その時のために今、心を駄目にしないでください

    弁護士をたて、自分を守ってください

  3. 心配しています より:

    もう十分お考えかもしれませんが、旦那さんのところへ行かれるときは、会話をすべて録音しておかれると良いかと思います。録音していると思うと自分自身は冷静になれますし、相手の言うことでつじつまが合わないところを後から見つけることもできるかと思います。

    Takaco さんは普段から冷静でいらっしゃると思いますが、ぜひ冷静さを保ってくださいね。今回の宗教云々が旦那さんの仕掛けたトラップであれば、Takacoさんを狂人扱いして来ると思いますし、自分の両親にも同じように思ってほしいと思っているはずです。冷静さを保つことで相手を拍子抜けさせてください。

    何もできませんが、Takaco さんの幸せを願っています。

  4. 傍観者 より:

    ご主人一家、もしかして。お金に困っているのかしら。
    たしか以前離婚のご相談された弁護士さんですよね。
    ご主人はTAKAKOさんの相談に乗っているときに財力なんかも把握し、スピード結婚決意されたのも、キャリアウーマンでお金を持ってそう、ということもあったのかしら。

    考えたくないですが。
    弁護士業も大変と聞きますし。

    金のない家、と考えると、義理母が、勝手に主様の高級品使ったり、義理姉が、金貸してくれとせまったり、ということが納得できたりして。
    さんざんいやな思いされたうえ、お金まで巻き上げられないよう。
    気を付けてください。

    いや、金だけは死守されますよう。