皆さん心が荒んでいませんか

神はいつも傍にいます

あたたかく見守ってくれています。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. Nana より:

    おつかれさまでした

    良い人生を。

  2. みかん より:

    そんな風に、自分が大変なのよ。苦しいので、神にすがりました。

    ではなく。

    きちんと、旦那さまと向き合って、答えを出さないと、駄目だと思います。
    そうやって、安らぎに逃げる。のでは現実にある問題は解決しませんよ。

    宗教にでも、すがりたくたくなる気持ちは、解りますが、そういう事態を招いてしまったのは、少なくともご自身にも、責任が少なからずともあるのですから。

    その点は、把握されてますか?

    私は、もうあの世に旅立ちます。と言ってみて、私たちアドバイスする側から、観て欲しいのですよね。ご自身がどんなに苦しく、辛いかを。

    でも、そう書かれても、答えようがない。というのが、多くの皆さんの答えではないでしょうか。

    解決しようと思っていらしゃるのなら、宗教などに心の拠り所を求めず。
    本気で、旦那さまと向き合って、話し合えば宜しい。
    旦那さまは、その後。新しい仕事は、決まったのでしょうか?

    昼間も夜も、ずっと家にいるのか、それとも別荘ですか。
    それとも、ご実家ですか。

    生活を支える為に、Takacoさんだけが、働いている状態ならば、それは、夫婦とは言えないのではないかと、思います。

    その間、旦那さまが、家事の全般をやってくれているならば、夫婦逆転も良いでしょう。
    妻が働いて、夫が専業主夫。というのも、ありだと思いますよ。

    どういう家庭を望んで、その為には、どうしなければ、どうしたい。のか。
    Takacoさんには、明確なものが、ないので、結果的に、こうなっている。

    言い寄って来た方と、夫婦になってみたら。という結果ですよね。

    旦那さまと、今後も夫婦でいたい。とお考えならば、向き合わないと。
    それが出来るのは、Takacoさんにしか。

    出来ませんよ。
    それでも、宗教に拠り所を求めますか?

    アドパイスする側にいるほうは、こうして書くことしか。出来ません。

  3. つみれ より:

    神様は寄り添ってくれてるから たかこさんは大丈夫ですよ(*・ω・)

    とりあえずお仕事場に行かれて謝罪されて この先はどうするか話し合われてきた方が良いかなと思います。
    部下の方も 頑張ってられると思いますよ。

    プライベートはプライベート。
    仕事は仕事。です。