家族との絶縁

何故、夫がこんなにも変わってしまったか
その大きな要因として考えらえるのは家族。

やはり家族との距離を置いてる事で夫の中に
ストレスみたいなが生じてるんだと思う。

夫が家族との距離を置くことになった理由は
夫家族との関わりに限界を感じたわたしが

家族と縁を切ってくれなければ離婚をすると
困難な条件を夫に突きつけてしまったから。

そして、夫は夫婦継続を決断し要求を呑んだ
けど、それが原因で精神のバランスが崩れ

こうした状況を招いているんだと思う。

実際には絶縁と言うほどの状態ではなく
何か必要な事があれば連絡は取っていて

例えば、義姉が万引きで逮捕された時には
夫が身元引受人になって迎えにいったり

その他、義両親や家の事に関して何かあれば
夫は連絡は取ってるし実家にも行ってる様子

でも、それはそれで別に良いと思う。




家族間で余程の問題があって関係も悪いなら
家族の絶縁も可能性のある話ではあるけど

夫家族は元々仲の良い家族だしハナっから
夫が家族との縁を切れるなんて思って無い。

わたし自身無茶だと思って出した要求だし
わたしが夫家族と極力関わらないで良い状況

それさえ守ってくれていれば問題ない。

自分の都合で夫を家族から引き離した訳だし
この状況を招いた責任は自分にもある。

夫をこんな風にさせてしまったのは恐らく
他の誰でもなくわたし自身なんだと思う。

そう思うともう少し耐えなきゃならない
何か見出さなければならないって気持になり

ただこの状況から逃げ出すという選択は
あまりにも自分勝手に思えてしまうため

こんな辛い状況でも向き合うべきであると
自分自身に言い聞かせてみたりした。

これからまだまだ酷い事言われるかもだし
下手したら手を出してくる可能性もある

だけど、おかしくなってしまった人を
突き放して見捨てるようなことはできない。

その原因が自分にあるなら殊更。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックを頂けると励みになります(T_T)
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. これだから男は嫌い より:

    DV(家庭内暴力) の大きな特徴は加害者が被害者に「自分が悪い」と思わせることで、被害者はどんなにひどい暴力(言葉にせよ身体的なものにせよ)を振るわれても、「自分が悪い、自分さえ我慢すれば彼は変わる」と思い続けるようです。

    加害者も被害者に絶えず「お前のせいでこうなった」と言うこと(あるいはにおわせること)で被害者をどんどん追い詰めていきます。

    どんな理由にせよDVは病気です。被害者が我慢すれば我慢するほど加害者は「自分が正しい」と思いこみます。負の連鎖が加速していき、手が付けられないほどになります。そしてDVをする男性のほとんどが外では「良い夫」「良い息子」という仮面を付けているそうです。ところが夫婦二人きりという密室になると豹変するのです。

    ですからこの初期の段階で、すでに負の連鎖にはまり込みつつあることを Takaco さんがまず認識されることが必要かと思います。起きていることは普通ではなく、DVは正当化されるべきものでもありません。ですから第三者に助けを求められるようにお勧めします。法務省が開設している女性の人権ホットラインなど何でもよいので助けを求めてください。DV 撲滅の第一歩は被害者である女性側が「これはDVである」という認識を持つことです。

    ちなみにご主人が実家と連絡を取り、ある場合には実家に出入りしているのであれば、絶縁とは違いますよね? それでかんしゃくを起こすようなら、精神的に自立していない単なる幼稚な男性なのではないかという気もしますが…学歴があっても精神的には幼稚な男性ってかなり多いものです。というか、学歴があるからこそ精神的には幼稚なままといった方が良いかもしれません。

  2. 通りすがりの居座り より:

    何を勘違いなさっているんですか?
    アホな男と同居して洗脳されちゃったんですかね?

    >>自分の都合で夫を家族から引き離した

    婚姻関係継続に条件を出したのはtakacoさんですが
    決断をしたのは他ならぬ旦那氏本人です。
    しっかり目を開け冷静に考えなさい!

  3. kana より:

    「これだから男は嫌い」さんの書かれている通りです。
    モラハラ以外のなにものでもありません。
    takakoさんは、キャリアウーマンで強い女を装っているのかもしれませんが、本当は、一人になるのが怖い、寂しい、誰かに頼りたい、根底にそれがあるのではないですか?
    鍵を持ってない妻がインターフォンを押しているのにドアを開けず、閉め出す。
    小学生がやる様ないじめを
    大の大人がやってるのです。
    一連の言動は、常識のある大人がすることでは、絶対に❗️絶対に無いです❗️
    突然人間が、変わってしまったのではありません。
    takakoさんに見えてなかっただけです。
    特に気になるのは、
    旦那さんに腹を立てて当然な事を、泣いた自分に腹を立て、何も悪く無いのに「私も悪いところがあった」と反省し「黙る」「泣く」「家を出る」
    旦那さんの暴言に対して怒らず、ただ、ただ、悲しみ受け入れている事です。
    どんなにひどい事されても
    我慢さえすれば一人にならなくて済む、孤独感、恐怖心が、心の底にあるのではありませんか?
    離婚して、ちょっと優しくされたら、寂しさからその人が、いい人だと簡単に信じてしまったのでは無いですか?
    コンビニの店員さんは、仕事でやってる事なのに、声かけてくれただけで温かさを感じるほど、寂しいのではないですか?
    時間が経てば経つほど、解決しようとしても問題が絡まって容易に解決出来なくなるのです。
    このまま我慢の一生を送るのですか?
    それでいいのですか?
    本当の気持ちに目を逸らしていては、自分の為にならないし、解決しません。
    何度でも、また同じ事を繰り返します。
    私自身、本当に余計なお世話な事を書いてると思います。
    他人の人生に何を分かったふりをして口出すと、
    腹立たしい思いをさせてる
    のでは、とも思います。
    でも、自分では、気付かないけれども、他人からは、見える事もあるのでないでしょうか?
    分からないかもしれませんが、物事を正しく判断する力も奪われていると思います。
    まず、第三者の力を借りたり、公の無料相談をぜひ受けて下さい。

  4. むらん より:

    ご自身が招いた事態と思うのであれば、あなた様がすべきことは

    もう少し向き合う

    ではなく

    ご主人を解放してあげることではないですか?

    それはあなた様が現実から逃げるということではありません。

    ご主人は元のご家族にファミリーアカウントを戻したいのでは。
    そしてそれは、お二人にとってプラスの選択ではないでしょうか。

  5. ささ より:

    ご主人に実家に帰ってもらえば良いじゃないですか・・・

  6. モナママ より:

    takakoさん、体がサインを出していますね。もう耐えられない、と。
    決断をしたのは旦那さんです。全て人は自分の決断に自分で責任を負うのです。その意味ではtakakoさんに非があるのではなく、フィフティ、フィフティの関係です。
    旦那さんは元から壊れていた人なのかもしれませんが、今現在異常な人格であるのは疑いようがないです。自分のせいだから、とできる以上の我慢を続けているとそのうちあなたも壊れてしまいます。

  7. ちゅみ より:

    こんなことになっていたなんて…
    takakoさんの責任ではありません、自分の責任ですご主人は大人です。
    takakoさんは親でもなんでもないんです、妻だけど他人です。
    突き放していいんです、大丈夫です。
    誰かに助けを求めてください。 
    一人で解決はきっとできないです どんどん追いつめられてしまいますよ。