夫への宣告

わたしがここを出て行くという意思決定を
昨夜、夫に宣告したところ非常に困ってた。

よくよく考えてみれば夫もかなり微妙な立場
わたしが『ここを出てく』ことに対して

駄目とは言わないけど良いとも言えない
非常に難しい立場であることは理解してる。

その事情もわたしにはよ~くわかってる…
だからこそ簡単に『出て行く』とは言えず

この時まで強く主張することは無かった。

書くと長くなる事情だから割愛するけど
早い話、そんなすぐに出て行くのであれば

最初から実家に入らないで欲しかった
っていうのが夫の正直な気持ちだと思う。

勿論、口に出してそんな事言って来ないけど
内心そのように思っているのは間違いない。

ただ、それは夫の個人的な事情というより
いわば『夫側の家』の事情なのだから

わたしがそこまで譲歩や我慢する必要はない
というのがわたしの率直な今の気持ち。

何よりも、この状況が本当にキツイし
問題なければいくらでもここに居れるけど

そうではない現実がこの『家』にはある。

結果として夫といくら話して理解を得ても
夫が『わかった』と首を縦に振る事は無い

残念だからこれは絶対ないと確信できた。

というか振ろうにも振れないんだろうから
わたしが勝手に出て行くしかない。

そして、その行動が今後の夫との関係に
何かしらの悪い影響をきたしてくる可能性は

大いにありまくるっていうのも事実。

これも夫個人の問題ではなく結局のところ
夫の背中にのしかかっている家の事情だから

なんとも複雑極まりない感じなのである。

やっぱり夫と籍を入れるまえに散々に悩んだ
夫の「家」「家族」という問題は今になって

やっぱ大変な事だったんだと改めて気づく。

それなりの覚悟は持ってたつもりだけど
駄目なものはホントに駄目だから…仕方ない

でも、自分がこれからやろうとしている事が
本当に正しい選択なのかは自身が持てない。

ホントにそれで良いんだろうか…。。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. フラン より:

    よくご決断されましたね。
    お疲れ様です。
    これで良かったのか、正しい選択なのか、
    ではなく、
    これで良かった、正しい選択だった、に
    する
    んです。これから。
    選択したことは、いくらでも
    悪かったことにも良かったことにもできます。
    これからのたかこさんの行動でいくらでも。
    身体が守ってくれた、たかこさんの心。
    大事にして下さいね。
    きっとこれからもたかこさんの身体が正直に反応して教えてくれます。
    身体が喜ぶ行動を。きっとたかこさんを守ってくれますよ。
    どうかお幸せに。

  2. たえママ より:

    お疲れ様です。
    どんなに覚悟を持って嫁いだとしても、
    あの姑と舅では、
    誰でも無理でしょう。(特にエロ舅!!!)

  3. きらりん より:

    良いんですよ、それで。
    本来、あなたの心情を聞いていたはずのご主人は心の底から理解はしてなかったんですよ。
    それでも、同居に踏み切ったあなたを守る事すら出来ないんです。
    顔面神経痛になった事・義父からのセクハラ・義母や義姉の行為を
    ご主人は本当にどう考えていらっしゃるのでしょうか。
    家族なんだからと言ってるのなら、分かりかえる事は非常に難しいと思います。
    いくら良家の長男だからって、妻1人を守れないとなると・・・。
    あなたの選択は、間違っていません!

  4. おせっかい より:

    結局、自分で選択して、その生活をしているのですもの。
    そうなるって解っていて、自ら飛び込んだのでしょう。自業自得です。
    タカコさん、ご本人も痛いほど解っていらっしゃると思いましたが。
    前の旦那さんと、別れてせいせい。自分の道を行く。という、思考に、何故。ならないのか。とても疑問です。1度、結婚で苦労しているのに。
    ようは、自分を好きていてくれる人。支えてくれる人が、常に必要だということですか?
    後先を考えず、その時の勢いに任せて、生きる人生。
    ・・・本当に、それで良いと貴方は、思っているのでしょうか?
    なら、異性に頼らない人生を、選択すべきです。
    自分に都合の悪いコメントは、削除されているようなので、どうでも良いですけれど。

  5. こんばんは。
    たまにですが、ブログ読ませてもらっています。
    タカコさんはとても優しく思慮深い方の様にお見受けします。ただ、同時に自己肯定感が著しく低いのではないのでしょうか。
    自分の人生、自分で道を决めるという気持ちは強くても、その先の目標がキチンと定まってないように読んでいて感じています。
    私は私の幸せのために生きています。
    私が誰かを幸せにしたいと思う時はその人の幸せが自分の幸せになる時だけです。
    自分を犠牲にしよう思えるのは、その人の幸せが自分の幸せだと思えるからです。
    義母の幸せはタカコさんの幸せだと思えますか?義父の幸せは?
    自分の幸せにならないことにまで身を削る必要はありません。
    ぜんぶ自分のためでいいんです。
    自分のために、生きてください。
    物ごとの判断基準は、他人の中ではなく自分の中にあるはずです。
    今回のタカコさんの判断は絶対に正しいと私は思っています。
    応援しています。

  6. tommy より:

    大丈夫ですか?無事、お家を出られましたか?