何度も謝罪してきた義母さん

現状では何も解決してない義母さんの件
そしてまた今日、更なる問題が…。

朝、目が覚めて窓の外に目を向けると
庭の手入れをしている義母さんの姿が。

わたしも手伝わなきゃと下へ降りて行って
「何か手伝いますか?」と挨拶をすると

「あらほんとう」とご機嫌そうな義母さん。

わたしも庭の掃除手入れを手伝う事になり
庭へ出るとあるものが目に入った…。

わたしのサンダルを義母さんが履いている
またしても勝手にわたしのものを…。

なんだ、サンダルくらい別に良いじゃないか
そう思う人はいるかもしれないけど

それはジミーチュウのわりと高級なサンダル
人に履かれて嫌なのは言うまでもないけど

庭仕事するのに履かれてるのはショック。。

さすがにこれは言わないと駄目だと思い
意を決して『義母さん、それは困ります』と

サンダルについて指摘をしてしまった。

すると義母さんは『ごめんなさいね』と
そそくさとサンダルを履き替えに行き

戻って来てまた『本当にごめんなさいね』と
何度も何度も謝ってきたため気まずい…。



棘のある言い方をしてしまったのだろうか…
全然そんな言い方をしたつもりはないけど…

どのような言い方をしたのかというと
そのサンダルはわりと高級でお気に入りだし

汚れたら困るので履き替えて頂けますか?と
至極無難な言い方しかしていないはずだけど

義母さんは動揺した感じで何度も謝って来る
逆にもの凄く申し訳ない気持ちになってきた

義母さんは一切悪気なくやってるわけだし…
注意されたことにショックを受けてるような

悲しい表情まで見せてきた為少々心が痛い。

キツイ言い方をしたつもりは一切ないけど
“本当に嫌だ”と心に溜め込んでいた事だから

そういう『気』というか念みたいなものが
言葉に込められていたのかもしれない。

だから義母さんは動揺して何度も謝って来て
その後もわたしの顔色を伺ってる感じだった

今回『困ります』って意志表示をしたことで
これから何かが崩れ始めてしまう気がする。

すでにわたし自身には良くない変化というか
実は最近過食気味なってきてたりしてて…

夫の実家生活をはじめてまだ間もないのに
良くない変化が訪れはじめている。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックを頂けると励みになります(T_T)
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. masako より:

    同居というのは、そういう事が起きる・・・想定内ですよね。
    ましてや、takakoさんは、前のご結婚で学習されてるはずなので。
    『相手代わって主変わらず』といいますが、どんなお相手と再婚しても、本人の考え次第で前回の二の舞にもなるし、ストレスとは無縁の生活もできるのだと思います。
    すいません・・・つい出しゃばってしまいましたが、私も30年義父母と同居して、今なお、義父の介護をしているので他人事ではなく感じました。
    ただ、takakoさんは折角、前の嫌な同居生活から抜け出したのに、また元の木阿弥にならなければいいな~と、案じております。

  2. 善因善果 より:

    良いことも悪いことも自分に返ってくるということ、それが因果応報。
    自分が行動したこと、口にしたことは、巡り巡って自分のもとに返ってくる法則です。
    「自分が相手にしていること」は、同時に「自分が自分にしていること」だから、
    今、苦しんでいることも自分のせいではないでしょうか。
    人を助けると助けられ、人を傷つける人は、自分が傷つきます。
    良いことも悪いことも決めているのはあなたです。
    今のうちにできるだけ「善いこと」を実行した方がよい結果につながるでしょう。

  3. 善因善果さんを非難する者です より:

    あなたはいったい何者なんですか?
    どこのブログにも同じコメントを書いてますが。
    同じコメントをあちらこちらで書くという、
    意味の無いことをして何が楽しいのでしょう?