密談の行方

彼の姉から突然申し込まれた『密談』
とも言える2人きりでの話し合い

果たして、その行方はどうなるか。

彼に相談しようかとも迷っていたけど
結局、彼には言わないでおくことにした。

彼の姉が大切なことをわたしに話し
何かを伝えようとしてるのは確か

だから『2人きりで話したい』
と言ってきているわけで

姉さんからしてみれば彼が話し合いの場に
居ない方が良いのは勿論で話し合い自体も

彼に言う事で頓挫してしまう可能性がある
つまり、彼は一切介在させない方が良い

そう考えたため彼には黙っておくことに。

変な形で中途半端な感じになるよりは
言いたいこと言って貰ってスッキリしたい。

話の内容がなんなのかはまだわからないから
現時点では何がどうなるとかサッパリだけど

とにかく会って話す機会は設ける事にした。

彼の姉がわたしと彼の将来の方針について
全力で反対してきた場合には少々面倒かも

でも、仮に姉さんがそういう話をしてきても
しっかりと向き合って乗り越えるしかない。

一筋縄ではいかないかもしれないけど
ちょっとやそっとのことで彼との将来を

諦めるつもりはない。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. なおまま より:

    こんにちは。色々と親密話しを持ってくるお姉様ですね。一度お嫁にいかれて、本家後継は弟さんなのにね。小姑は厄介だと聞きますが、本当ですね。今後もことある度に、相談されるでしょうね。今後は、彼のご両親がご健在のうちに、彼に財産贈与手続きを進めたりもあるでしょうし、負債もあれば、彼が背負うでしょうし、お姉さんの事も含めて、たかこさんが受け入れる覚悟も必然でしょうね。私個人としては、年々歳をとっていくので、できるかぎり、心身共に、身軽に生きていきたいと思っているので、受け入れるお気持ちがある、たかこさんは、心が広いお人柄なんでしょうね。とても私にはできない決断なので、どうか心から幸せになって下さいね。