〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★初めての方はこちらからどうぞ
⇒⇒⇒はじめから
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

心の病気

ネットで自分の状態を調べていると
心の病におかされているかもしれないと

思える症状がいくつか当てはまる。

ただ、自分自身はそこまで深刻だとは
受け止めていません。

正直、流産した時の方が
精神状態は最悪だったと思う。

あの時は、ブログの更新すらできなくなってたし。

でも、考えれば考えるほど
気分が落ち込んで行く状況でもあります。

わたしがこんな事態を招いてしまったことで
職場の多くの人に迷惑がかかっているとおもう。

わたしを会社に誘った上司のメンツは潰れただろうし
わたしが携わっていた案件はストップしてるだろうし

現チームリーダーの後任として
わたしが引き継ぎを受けてる最中だったけど

こうなったことでリーダーは予定通り
退社できなくなった可能性だってある。



リーダーの新たな進路だって決まっているのに
それを邪魔する形にしてしまったかもしれない。

人に迷惑かけまくってます。

人に迷惑をかけるのが一番イヤだ。

自分のしたことを後悔してるし
すごく反省もしています。

何かしてないとイヤなことばかり考えてしまって
でも、何かをする気にもなれなくて…

これから先のことを考えようとしても
まったく良い方向に考えることができなくて。

どうせ何やっても駄目なんだろうなって。

懲戒解雇でもなんでも良いからいっそのこと
早く処分を決定してくれれば良いのになって

その方がスッキリする。

コメント

  1. ハリー より:

    組織はね、どうにでもなるから大丈夫です。
    現リーダーさんやその他会社の皆さんに迷惑がかかるとしても、
    諸悪の根源は補佐でしょ。
    その諸悪の根源を放置してきた会社のガバナンスの問題ですよ、
    結局は。
    補佐の嫌がらせがたまたまTakakoさんに向いたというだけのこと。
    Takakoさんが爆発してなければほかの人が爆発してますよ。
    現リーダーさんだって、どうしてもやめなければいけないならやめるでしょ。
    それでも残った人で回していかなければならない。
    回していく責任はTakakoさんにあるのではなく、会社ですよ。
    どうやって回していくのかを決めるのも会社。
    Takakoさんに辞められて困るなら首にはならないでしょう。
    クビにして補佐を使うという判断もあるでしょう。
    でもどうでもいいじゃないですか。
    仕事を辞めることになったらちょっと残念かもしれないけれど
    新しい職場で別のチャンスが待ってるかも。
    大丈夫、大丈夫。
    まだまだお若いのですから。
    これからまだまだキャリアを伸ばして行けますよ。
    深く考えずにバカ笑いできる映画でも見て、気分転換してください!
    (あ、笑うってホント大事なんですよね)

  2. 小娘ちゃん より:

    その状況が2週間以上継続して続くとうつ病って言われたり適応障害とか言われたり症状によりますが、教科書的に一応診断はついちゃいます……
    っていうか、昔大学で買わされたテキストに書いてありました。多分変わっていないはずです。

  3. すずむし より:

    スッキリしたい気持ちを、会社での処分に向けてしまってはダメです。そういうのを自暴自棄というんです。
    スッキリしたいなら、その気持ちを離婚に向けてください。会社はこれからのあなたにとって、大切な存在です。
    人間、誰しも自分のことは見えないものです。だからこそ他人の冷静な意見に耳を貸すことも重要なんです。
    決めて責任取るのはあなたご自身です。でも今は少しご自分の判断力を疑ったほうがいいかも。
    かつての自分を見るようで、あなたを心から心配してますし、応援してます。

  4. ななし より:

    ・・結局のところ、何をなさりたいのでしょう。
    ご自分で、めんどくさるなるようなことを、してることが。結果に繋がっているのでしょう。
    別れるならば、別れる。
    相手のことなんて、考えることなんて、ないですよ。別れたいなら。
    そもそも、別れたあとの生活に不安があるから、旦那さまと縁が切る。
    ことに、躊躇なさっているのですよね?
    私は、可哀想。何も出来ません。躁鬱病かも?
    離婚に向けて動いた貴方のあの、バイタリティーは、どこに消えたのでしょう。
    様々のご自身の納得出来ないことを羅列して、ブログで書くことより、早く。
    切って、新しい生活を送ることが、総て解決する。ことだと思いますよ。
    自分で、不幸を呼んでいると思いますね。現状を本気で変えたい。
    とお思いならば、旦那さんを含む家族とは、絶縁すべき。

  5. far より:

    結局、自分に起こったこと。
    全てから、逃げたい。目を背けたい。
    それだけですよね。
    相手の家族は、視野にいれず。おいといて。
    夫には、愛情は、もう本当にお持ちでない?のですよね?
    それが、躁鬱病のせい?
    私は、それは違う気がします。
    呼び込んだのは、貴方の心の弱さ。
    お書きになられる文面には、それが現れているのに、御本人は、そうじゃない。っていってる。
    旦那さまに、愛しているよ。
    でも、お母様とは、合わないの。言い続けて、貴方に、介護。
    する気持ちがないならば、そのままスルー。してくきたもの。と思われます。
    無事に帰ってきて何よりです。

  6. どり より:

    人間だもの
    と、わたしはどうしようもなくなった時いいます。
    完璧にこなせる、コントロールできていたら素晴らしいですが、難しいってときだってあるのです。
    心の内をさらけだすと、非難する方がたくさんいます。でも時には、しょうがない、と受け入れなきゃいけない、、と思うんです。
    言い訳したくがないために、懲戒免職でもなんでも、、といいますね。
    でも見方を変えたら、迷惑かけた分を可能な限り残って頑張る!にはできないでしょうか?
    仕事は大事ですよ。しがみつけるだけしがみついたほうがいいです。
    みっともなくても。
    少なくとも、残すために頑張ってくれる方がいるのなら、その人たちのために、頭を下げまくって、プライド捨てて一からやります!と頑張り続けた方がいいと思うのです。そして、貴方がやめたら、補佐さんはもっとつけあがるでしょう。それが一番皆さんには迷惑かけることになりませんかね?
    誰かのためになら頑張れる人なんじゃないか、、って私は思うんです。弁明は自分のためにではなく、尽力してくれた方達のために。ごめんなさい と ありがとう これにつきます。
    補佐さんにも面と向かっていう、どうせ辞めるならいえるのでは?
    聞き取りにはこうこうこうだった、私はきれた、それについては本当にわるかった、処分はもちろんうけいれる、でも自分は残って頑張るチャンスをください、と。
    図々しいのが嫌いなんだとおもいます。でも時には必要なことなんだと、若い頃より思いました。
    このシンプルで、でも一番難しい方法をとってほしいとおもいます。
    応援しています。
    若輩者が偉そうにすいません。

  7. 私もそうだったけど、離婚のる時は普通の精神状態ではない。テレビで離婚うつについて放送してたけど、自分自身離婚を決めていてもうつ状態になってしまうというものでした。離婚しても何か打ち込むものがないとあぶないかも。ましてや職場でのトラブルとなるとどんな人だって落ち込んでしまうでしょう。誰かに心のうちを聞いてもらうのが一番です。解決方法が得られなくても、発散しないと心が壊れてしまうかもしれません。私は離婚する時やはりいろんなことがあり、精神科へ行って心のうちを吐き出しました。先生は、私の精神状態は正常だとおっしゃってくださった。専門家へ行くのも一つの方法だと思います。

  8. さんちゃん より:

    はじめまして!
    さんちゃんと申します。
    気分転換に、海に行って、空をみあげながら、
    沢山、深呼吸してください!
    太陽の光、海の匂い、風を感じてみると
    良いですよ!
    良い方向にいきますように!

  9. neko より:

    はじめまして、少し前からなので全て把握せずにコメントするのは、と思ったのですが・・・。
    状況はちょっと違いますが、昔の自分を思い出します。
    元夫と離婚する!って動いて、でもなかなか決断できず。
    同情なのか?愛情なのか?
    今でもわかりませんが、「情け」ではありますね。
    ちなみに当時「バツイチになるのは嫌」とかもありませんでした。
    そして公務員であったので、経済的不安はありませんでした。
    だから自分の中にある相手への「情け」
    そして相手への期待が離婚決意を阻みました。
    そして・・・結末ですが
    公務員だったのに、仕事を辞めてしまいました。
    仕事が行ける状態でなくなってしまったのです。
    そして・・・状況はさらに悪化しました。
    元夫への期待することは間違っていました。
    結果、離婚しました。
    その後は・・・言うまでもありません。
    やはり離婚を早くすべきだった・・・と思いました。
    そしてやけになって仕事をやめてはいけない。
    よく聞きますよね?
    「男はうらぎるけど、仕事はうらぎらない」
    仕事、そして自分を大切にすべきだった。
    私も少し似ているところあります。
    キャパ超えてるのに、あれこれ人の心配してしまい・・・。
    これがまた、人に迷惑かけるんです。
    どうしたほうがよい、とは人には決められません。
    しかし、上のすずむしさんのコメントはかなり的を得ています。
    どうか、ご自分を一番に考えてください。

  10. ももも より:

    スッキリさせることがら
    仕事を辞めるのはよくない気がします。
    まず離婚と言う重荷を紙切れだけにはなりますが
    提出してスッキリするのはどうでしょうか?
    財産分与等ありますがこれ以上プライベートでの
    ゴタゴタに巻き込まれるよりは、まず縁を切ったほうがいいと思います。
    仕事でも大変なことになっているようですが
    こちらはまだまだやり直しが出来ると思います!
    仕事をやめると金銭的にも大変になり離婚をすすめることは
    更に困難になりそうな気がします。