感謝しかありませんm(__)m

多くの方からご意見を頂き、大変感謝していますm(__)m
正直、こんなにも沢山のコメントを頂けるとは思っていなかったため驚いています。
※公開せず削除させて頂いてるコメントも御座います。

昨夜はコメントを読み夜更かし状態、仕事中も気になって見てしまう始末です…。再度、時間をかけてじっくり読ませて頂きたいと思います。

お一人ずつのお返事は大変になりますので、記事の方でお礼とお返事をさせて頂きますねm(__)m

そもそも『何故コメントを求めたのか?』、ということもしっかり説明しておく必要があるので、そのお返事からさせてください。

まず、大前提として、どんな意見があっても『決めるのは自分』であるのは当たり前のことです。

何故わたしがコメントを募ったのか、その理由をわかりやすく言うと、自分の感情も含め、本当にこれで良いのかわからなくなって来たところがあり『視野』を広げ『気づき』を得たいと思ったからです。

言うまでもありませんが、コメントの多数決で決めようなんて馬鹿な考えはしていません。

それと、人の意見に特段流されるタイプでもありません。実際に夫との最後の話し合いも反対意見が圧倒的に多かった中、わたしは夫と話し合いに行っていますし、わりと自分の考えはしっかりと持っている方だと自負しています。

『どうしていいかわからないからアドバイスが欲しい』
『わたしの未来を決めてください』といったことでもありません。

近しい友人二人から反対意見を貰ったという流れでコメントを募っていますから、見方によればわたしの心に迷いが生まれてるようにも見えてるかもしれませんが、そういうこととは少し違うんです。迷いといえば迷いだけど、それは自分自身に対してのことで。現状のわたしは、視野の狭い考え方になっているのでは?と感じたところがあります。

それが「夫に未練がある」といったような形で受け止められていたりもするかもしれませんが、そういうことではなく、自分なんて人生経験もまだまだ浅い若輩者と思っているため、わかってないことが多いような気がしたんです。

ある方からのコメントで、『離婚に固執し過ぎていませんか?』、というフレーズを見たとき心に何かが仕えました。

勿論、わたしがこれまでにとってきた行動は、自分の気持ちに素直になってのことですし、夫に離婚を切り出したこと、家を出たことなど何も後悔はしていません。そして、このまま夫と離婚したとしても、多分後悔はしないだろうと思っています。



ただ、広い視野で考えた場合に、わたしの決断が正しいのか、正直わからなくなってしまいました。

100%感情優先で考えるとすれば、ただしいかもしれませんが、もっと広い視野で考えたら果たしてそうなのか?

ブログでコメントを下さる方々の様々なご意見や指摘、わたしにとっては大変貴重なものですし、誤解を恐れずに言えば『判断材料』でもあります。

どんなに懸念材料があったとしても、未来のことは結局わかりません。だからこそ、様々な意見を受取った上で「視野を広げ」「気づき」を得えるべきだと考えました。

『真剣にわたしの相談に乗ってください』というニュアンスでもないので、思ったことを好き勝手にご意見頂ければといった感じでした。
勿論、真剣にコメントをしてくださってる方ばかりですし、1つ1つのコメントに重みがありました。

ですが、そのコメントに責任を感じる必要はないですし、結局のところ最終的に決めるのはわたし自身です。

誰かのコメントでわたしが影響を受け、その結果不幸になったとしても、それは誰のせいでもなく自分のせいですし。

現状、『夫とよりを戻したい』とは思っていませんが、何かの【気づき】があり、その思いが変わる可能性は無いとは言い切れません。

昨日の記事のコメント欄で公開させて頂いてますが
『男の人が女性を守るのではなく、本当は女性の芯の強さが 家庭も旦那さんも支えてるんだと思います。』
こういうコメントを下さった方がいて、何故か、この言葉に感動すら覚えてしまいました。。「強いな」、「カッコイイな」って。

本当に人の考えはそれぞれで、「自分と同じ人間なんていない、同じ両親に育てられた兄弟だって違うんだから」とコメントをくださった方もいますが本当にそうだと思います。

人は自らの経験則でものを言うものですが、『どうなる』なんてことは絶対に言い切れないことです。未来のことなんて結局わからない、だから様々な意見を聞き学び、確かな心で決断したかったということになります。

なんだかまとまらなくなってしまいましたが、本当にたくさんのコメントに感謝していますm(__)m

何卒これからも宜しくお願いしますm(__)m

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックを頂けると励みになります(T_T)
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ちかこ より:

    はじめまして。最初から読ませていただきました。
    私は嫁姑問題ではなく夫の浮気で離婚を考えてる身です。
    夫は浮気相手とは遊びだったといい関係修復を望んでいます。
    ですが一気に私の気持ちが冷め、周囲に反対されましたが離婚の気持ちは揺らぎません。
    浮気相手がいなくなったからといって、一度できたしこりを残したまま、これからも「夫婦」としてやっていく自信がなくなりました。
    離婚したときと夫婦としてやり直す場合の未来を何度も思い描き、自分がどうなりたいか考え決断しました。
    takakoさんも焦らず自分の決断をしてください。

  2. はる より:

    今日もお疲れさまでした。
    どのあたりか忘れちゃったけど、私なりに見守っていました。
    ハラハラドキドキしながらわが娘のように心配してました。
    現婚姻関係にあたる方(あえてそう書きます)の良さも悪さも全て理解してらっしゃることを前提にしてコメントします。
    迷う気持ちはすごくわかります。
    また、もし・・あなたに素敵な方が現れた場合、戸惑ってしまって、全婚姻関係の方の方が楽かもしれないと思うこともあると思います。
    しかし、全婚姻関係である方の心の状態を理解する必要はありませんが、相手の心の底を知ってしまった以上、繰り返されますよ。
    同じことで堂々巡りして自分で自分を「優柔不断」と命名し今後も悪く言えば開き直ることも簡単にできるようになります。
    もし、全婚姻関係の方に少しでもの「情」があるのなら、いったん離れてみてはどうでしょう。
    文面から、お姑さんに対しても情が全く無いような感じでもありませんよね。
    ただ、このままだと自分自身が保たれなくなるという恐怖や愛する人が遠くなってしまうという不安もあったのではないでしょうか。
    焦らないで、自分を自分で空白にして研ぎ澄まして自分に聞いてみてください。きっと見つかりますよ。

  3. 通りすがりより より:

    初めまして。他人様のブログにコメントを書く、なんてことをこれまでしたことがないのですが、ずっと悶々としてきたので、初めてコメントさせていただきます。
    言いたいことがたくさんあり長くなると思いますが、どうか最後まで読んでくださいね。
    まず始めに、あなたの旦那様はそんなに悪い人とは思えません。
    男なんて、仕事が出来ても大概弱くてダメです。妻の気持ちにいつも寄り添える人なんて滅多にいないと思います。
    うちは夫婦になって24年目になりますが、いつもいつも修羅場を超えて来た気がします。まあ、よくここまできたなあと自分に感心しますよ。
    お姑さんは、ブログだけで判断するならば本当にひどい人だと思います。部屋で暴れたり煙草を投げつけられたりしたら、私だったらキレてます。
    でもね、男の人は、奥さんとお母さんの不仲の板挟みになったら、ほとんどの人は逃げ腰になりますよ。その状況がうっとおしくて逃げますね。
    うちの兄は嫁が怖くて逃げて、結局母を見捨てた形になりました。
    その点あなたの旦那様は遠い転勤先にお姑さんを引き取ることをしてくれて素晴らしいじゃないですか。
    そんなことをできる人はなかなかいないですよ!
    それはとにかくあなたと別れたくない一心からじゃないですか。
    私は去年からあなたのブログを見ていて、お姑さんのことをよく耐えて頑張っているなあ!と気にかけていました。
    今年に入り更新がなくなり、ブログが復活した後3か月くらいで一気に離婚離婚と猪突猛進のようになってしまった気がします。
    ブログの「離婚したほうがいい」というコメントが増えるにつれ、離婚しかない!!と頑なに突き進んできたように思えます。
    ブログの口調も段々と激しく恐くなり、去年とは別人のようになってしまったように感じていました。
    厳しいことを申しますが、今のようなあなたなら、旦那様はかえって離婚したほうが良いのではないかと思っていました。
    浮気をしていたかもしれないということ、これも男の人は結構やってると思います。バレるかバレないかの違いだけ。うちもご多分に漏れずその可能性があった時に離婚騒ぎになりました。でも、揉めて揉めまくっても、結局は浮気です。妻というのは自分だけです。夫には結局奥さんしかいなく奥さんだけが心にいるのです。
    あなたの旦那様に本当に好きな人がいたのだとしたら、あなたから離婚を切り出されたらかえってラッキーと思い、これぞとばかりに離婚届にハンを押したでしょう。
    でも、ショックを受け身体を壊して入院するほど悩み自分自身のことを反省し最後にはあなたのためを思って離婚届にハンを押し渡してくれた。これはあなたのことだけを愛しているからでしょう!
    あなたが突然勝手に家を出て荷物に離婚届を入れて送った時に、ものすごい暴言を吐かれた、これは当たり前です。あなたが逆だったら同じことをすると思います。
    旦那様はこれまでずっとしょっちゅう暴言を吐く人だったのですか?私はしょっちゅう罵詈雑言をあびせられてきましたよ。それを思えばあなたの旦那様はうちの10倍くらい良い人だと思いますよ。
    でも、暴言だってその時に勢いで言うもの。売り言葉に買い言葉です。男は女より弱い動物だからかえって言いたい放題言うのです。そんなのは特に本気の言葉ではありません。
    夫婦なんてお互い耐えることばかりだと思います。ギャンブル・借金・暴力・女癖の悪さでひどい目に合っている人は結構いるものです。あなたの旦那様からそういうことをされましたか?
    でも、あなたは「離婚しても後悔はないと思う」「夫に未練はない」ということなので旦那様に対しての愛情・家族としての情がもう無いのかもしれませんね。お姑さんが来る前の夫婦の楽しい思い出とかももう思い出せないほど、あなたの心に旦那様はいないのですか?
    ただ、お姑さんが家に来なければ、あなたがブログというものを書かなければ、離婚に邁進することはなかったかもしれません。
    どうか焦ることなく落ち着いて、自分自身だけで悩んで考えて考え抜いて、どうなるにしろ良い方向に進んでいけますように。

  4. ただの主婦 より:

    こんにちは、いつも読ませて頂いています。
    結局のところ、離婚ブルー なのではないのかな?と思いました。
    マリッジブルーならぬ、離婚ブルー。
    結婚、離婚を機に、以前と生活が変わってしまうのです。
    そこへ自分と反対の意見を立て続けに言われてしまえば、不安定にならない人の方がおかしいのでは?
    とくに、たかこさんの場合は、夫が直接の原因というより「姑問題」から派生して「夫が信用できなくなった」という状態。
    もし姑がいなければ、うまくいっていたかもしれない関係なのではないでしょうか。
    離婚したいけど、本当にいいのかな?となるのは普通だと思います。
    世の中、みんなそんなに強くないと思いますよ。
    私としては、妻が辛い時に暴言を吐くような本性を持つ男だと気づけて、むしろ姑問題があってよかったんじゃないかと思っていますが。(された事は良いことでは全くありませんが、結果的に)
    別れたら優しくなった、別れたらうまく行った夫婦ってたくさんいらっしゃいます。
    今の旦那さんが優しく反省したように見えても、それは別れるからであって、また元サヤに戻れば本性が出るだけでしょう。
    たかこさんのなかで、離婚が決定しているのだとしても、自分の人生の転機に「これでいいのかな」と悩まれるのは当然です。
    幸い、旦那さんも離婚に同意したのですし、ゆっくり消化していけばいいのではないでしょうか。
    あなたの幸せを祈っています。