〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★初めての方はこちらからどうぞ
⇒⇒⇒はじめから
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

悪化していく姑

悪化していく姑の症状をいくつか挙げてみます。

【物忘れが激しい】
ご飯を食べたのに食べてないって言うのは最近ざらです。

先日、姑が買って来た「煎餅が無くなった!」と暴れまくった話はブログにも書いたと思いますが。

あまり開けないキッチンの引出をあけたら、そこにごっそり未開封のお煎餅が…。

ここにたんまりあるじゃないかと…Σ(゚Д゚;o)

わたしの勝手な憶測だと、買って帰ってきて引出に入れるとこまでは癖で覚えてるんだろうと。

でも、その後忘れちゃってそれの繰り返し…?

【突然怒り出す】

以前からヒステリックなところはあるけど、ここ最近は拍車掛かってる。

昨夜のことだけど、携帯で職場の人と仕事の話をしてたら突然『ガチャ!』っと部屋に入ってきて

わたしの文句を言ってるんだろ!!」と怒鳴りつけて来た…。

認知症になると被害妄想が強くなるらしいです。




【夜更かし】

もともと夜更かし気味の人だけど、最近は朝方までリビングのテレビを大きな音で見てるかららうるさい。

本当に迷惑、いい加減にしてほしい。。

わたしは耳栓して寝るようになりました…
ちょっと前に、ウチのリビングの電気が夜中までまぶしいってお向かいさんからクレームが来て一悶着あったのですが

結局、最近はカーテンも締めてない。

またトラブルに発展しなければいいけど…

それと

姑曰く再婚相手である「しげちゃん」の存在も、最近は影を薄めてきたような感じがします。

というか、やっぱり再婚相手じゃないのではと。

姑はただ、構ってくれて仲良くしてくれてる人を『再婚相手』と思い込んでるだけなのかもしれない。

よくわからないけど、いろんな意味で切なくなる。。

コメント

  1. モリス より:

    初コメント失礼します!最近、介護前離婚という言葉もあるようです。ぜひ調べてみてください。恩も借りもない人のため自分を犠牲にすることはないですよ、贅沢しなければ一人でも生きていけます。応援していますよ!

  2. える より:

    はじめましてTaKaKoさん。
    えると言います。
    昨日、たまたまこのblogに出会い、過去の分も一気に読ませていただきました。
    私も同じような想いをしてきたので他人事には思えなくて………
    私も2年前に旦那の浮気が発覚。(LINEだけなので確証はない)日頃から
    旦那の不審な行動やウソつき言動にあきれると同時にそんな旦那の親と私がなんで一緒に住まなきゃいけないのかと考え始めました。
    旦那の親も田舎特有の独裁キャラ。老後の面倒なんて絶対無理。
    実行までに2年かかりましたが
    この7月にを家を出ました。
    近所や周りの声もたくさんあります。田舎なので特に(笑)
    自分が理解してもらいたい人にだけ事実を伝えて出できました。
    そして新生活は快適の一言です!自由です!
    今までのほほんと過ごしていた子供たちも巻き込んでしまって心は傷みますが。
    まずは自分が幸せじゃなきゃって思います!
    大変長くなりましたが。
    週末の話し合いで頑張ってくださいね。
    絶対に自由を勝ち取ってください。
    応援しています。

  3. あんこ より:

    情に流されない方がいいですよ。
    義母の件に関して、ご主人はちゃんと感謝の言葉を言ってくれますか?
    うちも口ベタですが、別居の義父の診察に付き合うと必ず「ありがとう」と言ってくれます、これは夫婦でも当然だと思います。
    お互いの感謝と信頼あってこその支え合いだと思います。
    別れ話を切り出した時も、任せきりですまなかった」「母のことは感謝してる」とか口にしましたか?
    介護要員がいなくなると困るとしか思ってないんじゃないですか?
    薄情なのはご主人ですよ、あなたにも母親に対しても。

  4. TaKaKo より:

    モリスさんありがとうございますm(__)m
    そのようにいって頂けると心が楽になります。姑の介護ということだけが問題で離婚を考えているわけではありませんが、実際後ろめたい気持ちもあるので。自分もこれ以上犠牲になるつもりはないので頑張ります!
    えるさんありがとうございますm(__)m
    未来に望みを持てるコメントありがたいです。わたしのブログに共感して頂けたということですし、よき理解者からのお言葉として受け止めます。
    頑張りますね!
    あんこさんありがとうございますm(__)m
    ご指摘の通り、わたしもそんな風にしか思われてないのではないかと考えています。夫からは特に感謝の言葉はありませんし、悲しい限りです。
    改めて実感しました、ありがとうございます!