最悪な考えかもしれない

このまま年をとり、いずれ姑にも介護が必要となる時が来るかもしれない。

仮にそうなった場合、今のままではとても私は面倒を見れる自信がない。

介護がうまくできる自信がないとかじゃなくて、介護してあげようって気持になれない。

これだけ聞いたら私は単なる意地悪で最悪な人間に見られちゃうかもだけど、今までの姑からの仕打ちを考えれば当然。

姑だって介護が必要になったとしても、私なんかに介護してもらう気はさらさらないだろうしね。


あの人の最も気に入らないところはお金に汚くて図々しくて酒癖の悪いとこ。

呑んで手をだしてきたことだって一度や二度じゃない。

何がそんなにも私のことが気に入らないのか知らないけど、好戦的、挑発的にも程がある。

離婚も考えてた時期があったけど通り過ぎてしまったような感じ。感覚が麻痺してるのだろうか。

ひたすら消化するだけの日々。人生諦めました的に惰性で生きてるような気がしてならない。

これからはこうしたふと思ったこともブログに残していこうかな。

改めて見返して見た時に。

自分がどんな気持ちで、どんな感情で生活してるのかがよくわかるはずだし。

あ~

全然話わかるけど。

知花くららさんのようになりたい。

いつも読んでくださりありがとうございます。
最後に応援クリックをいただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

フォローする